Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
フリー

新元号を書いた人は誰?色紙の文字に注目!

4月1日、菅官房長官により新元号が発表されます。
予定では4月1日午前11時半頃に菅官房長官が記者会見で発表する予定となっています。

新元号の発表を今か今かと待っている方がいる一方、新元号の文字を書いた人は誰?
というところにも注目が浴びています。

そこで今回は菅官房長官が掲げるであろう色紙に新元号を書いた書家が誰なのかを予想してみます。
そんな色紙を掲げる菅官房長官も緊張していることでしょう。
そして、それ以上に新元号を書く書家も緊張することでしょう。

「新しい時代にふさわしい元号を選びたい」として決まめられた新元号。
達筆かつ力強い文字で書かれた色紙を持つ菅官房長官の姿は、平成と同様に数十年にわたって記録に残ることでしょう。

その文字を書いた書家はいったい誰なのでしょうか?


「平成」を書いた書家は?


新元号を書いた書家を考える前に、まずは「平成」を書いた人が誰なのかを紹介します。

昭和が終わり、平成の文字を掲げた当時の小渕官房長官。
時は1989年1月7日の午後2時36分のことでした。
「新しい元号は平成であります」と発表した小渕官房長官の言葉と、この写真は多くの人の記憶に残っていると思います。


力強く達筆で書かれた「平成」の2文字。

この「平成」の文字を書いたのは河東純一さんです。

河東純一


出典:https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190330/soc1903300007-p2.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsPhoto


結構、小渕官房長官が書いたのだと勘違いされたりしていましたね。

河東純一さんは、1946年茨城県生まれで、大東文化大学第一高等学校に在学中に書家を志していました。
そして当時、辞令専門官として仕事をしていて、定年退官するまでの30数年の間に、なんと約20万枚以上もの官記や位記、辞令書などを揮毫したそうです。

しかも、河東純一さん自身も「平成」の文字を書くことは、発表の数十分前に知らされたそうです。

こんな重要な文字を急に書くように言われて、そりゃもう緊張の極限に達したことでしょう。
それでも、力強く書かれた「平成」の2文字。

多くの人の記憶に残る文字となりました。


新元号を書く人は誰?


「平成」を書いた人は河東純一さんでした。
そして新元号を書くのは誰になるかと言いますと、これも多くの憶測が飛び交っています。

政府に近い関係者によると、「平成」の際の河東純一さんのように「辞令担当」を長く務める書家の職員がまず候補だと考えられています。

リハーサルとしては、内閣官房か内閣府の完全密室で連絡を受けた書家が、短時間で筆を走らせることになる、とのことです。
実際、その書家がすでに決まっているかどうかは定かではありません。


安倍晋三首相も達筆なのですが、さすがに首相本人が書くとは考えられません。

同様に、達筆と知られている麻生太郎氏も候補の番外として考えられますがどうなることやら。



ちなみに、この「辞令担当」とは正式には「内閣府官房人事課辞令係」と言います。
内閣府官房人事課辞令係は普通の公務員試験で採用しているのではなく、書道の先生のような方が採用されるそうです。

関係者の間では「辞令専門官」とも呼ばれています。
この「辞令専門官」は2名体制だとか複数人いるとか言われていて、実際に辞令担当の書家候補がどれだけいるのか調査しましたが、内閣府の内部情報まで知ることはできませんでした。

けれども、この「辞令専門官」から選ばれる可能性が大と言えるでしょう。

緊張で文字が震えないように本人も一世一代の仕事になるでしょうね。


スポンサードリンク

まとめ


GrowupLife まとめ
新元号の発表にて大きく話題となる菅官房長官と色紙を掲げる姿。
そこに書かれた文字も、数十年にわたって残されていくことでしょう。

これまで様々な新元号候補が考えられニュースになりました。
そしてとうとう新元号の発表。
菅官房長官も緊張の一瞬です。

泣いても笑っても平成の時代が終わり、新たな年号の幕開けとなります。

人材難や少子化、経済格差など様々な問題がありますが、平成を超える良き時代になって欲しいと切に願います。

以上、「新元号を書いた人は誰?色紙の文字に注目!」でした!


スポンサードリンク

関連記事

ABOUT ME
tomo
tomo
GrowupLifeへようこそ、管理人のtomoです。 毎日色んなニュースが溢れていますよね。 今話題の旬なネタを始め、生活を「Grouup = 成長させる」ためのお役立ち情報などをお届けします。 是非、ご参考にしてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です