Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
フリー

職場スカウト採用とは?就活が変わる可能性も!?

株式会社リクルートキャリアは、株式会社リクルートホールディングスが開催する
「2019年トレンド予測」発表会におきまして、「職場スカウト採用」を中途採用カテゴリのトレンドを表すキーワードとして発表したことで話題となっています。

そこで今回は、就活の世界が変わるかもしれない「職場スカウト採用」についてまとめていきます。

一部の分野では技術者不足で有能な戦力を早急にでも獲得したい企業がたくさんあります。

そんな中、「職場スカウト採用」によって就活はどのように変わっていくのでしょうか?



職場スカウト採用とは?


近頃では、予断を許さない人手不足と有能な人材の獲得が白熱し、企業は新卒採用の枠だけではなかなか優秀な人材を集めきれないようになってきています。
そのため、予定していた採用人数を埋めることも困難な場合も。
ましてや人員を埋めるために採用基準を低く設定してしまい、結果として早期退職に繋がる場合も・・・

そういった背景において、企業の人事担当者は、志望する人材を的確に採用するために悪戦苦闘状態となっています。
それに加え、求職者側も、企業選びの段階で職場のイメージや実際の仕事内容を知りたいと求める人が多くなっています。

そのため、人事担当者と求職者がお互いに相互の意見を受け止め、情報を得たいという声が広まっています。
そういった背景もあって、注目を浴びていrうのが「職場スカウト採用」というわけです。


人事だけではなく現場が採用選定!


職場スカウト採用では、人事担当者のみが求職者と面接をするだけではありません。

というのも、職場スカウト採用では実際の配属先になるであろう職場の社員が採用に加わるのです。

そのため、職場の生な意見を反映しやすく、より具体的な企業の姿を求職者に見せることが可能となります。
昔から、インターンシップ制度といった入社前からアルバイト枠で職場に就くというものもありましたよね。

それをさらに就職活動の枠にまで広げたものといったイメージです。
「一日入社体験」などによって職場の雰囲気や社員さんの働く様を直にみることで、より一層企業に対しての理解を深めることができます、

その際、求職者と社員同士のコミュニケーションなどもあり、求職者にとっては現場の人の生の声やコネクションを得られる絶好の機会となります。
企業側にとっても、この一日体験などで求職者のコミュニケーション力や対応力を見ることができ、実際に入社した後の働きを想像することができます。
このように企業側の利点と求職者側の利点がマッチした採用方法が、「職場スカウト採用」の特徴でしょう。


普通の面接・面談とはどう違う?


一般に、就職活動の決め手となるのは「社員面談」でしょう。
社員面談では、求職者と人事担当が面談を行い、履歴書からの経歴や面談の際の受け応えで求職者の能力を測ります。

けれども、社員面談と職場スカウト採用では、根本的に実施する目的自体が異なっています。
社員面談は人事担当と求職者が対面し、お互い対等な立場で対話します。

と言っても、企業側は選ぶ側、求職者は選ばれる側という考えがあるので、企業側が上と考えてしまいがちです。
けれども、この人材不足の世の中では、求職者側は企業を選ぶ、という考えも浸透してきています。

企業側も良い人材を早急に確保したいという考えがあるため、必ずしも企業側hが上とは言えない時代になってきています。
このように社員面談は企業側が求職者を選定し、採用を判断する重要な面談となります。
ただ、社員面談はその場で即、合否を決めることはありません。

逆に、職場スカウト採用は「一日体験入社」などを通して入社後の働きを想定する、いったことを目的としています。
いかに経歴書での経歴が良くても、現場での働きが期待できない求職者であれば、厳しいかもしれませんがその場で合否が決められる場合もあります。
そういった点で、職場スカウト採用は社員面談よりもリアルに戦力になるかを直に見るため、人事担当よりも現場の社員の声が比率が高いと考えられます。


社会人インターンシップの積極活用


職場スカウト採用
このように「一日体験入社」をしたり、現場の社員とコミュニケーションを取ったりする他に、「社会人インターンシップ」制度を採用する企業も増えてきています、
ちなみに僕の会社もインターンシップ制度を使って、入社前の社員を早めに現場へ就かせて経験を積ませるようにしています。

この社会人インターンシップを利用している企業は2017年11月から2018年11月にかけて実に2.7倍も増加しているようです。
もとよりインターンシップとは、一般的に見て就職する前の就活生を対象として企業が実施している就業体験です。
「社会人インターンシップ」は、現場でOJT(オン ジョブ トレーニング)を通して経験を積んでいきます。

求職者は、入社前に興味がある企業で実際に勤務することで「職場の雰囲気」や「現場の社員の特徴」「職場での役割」といった、入社して初めて分かるような情報を生で手に入れることができます。


なぜ職場スカウト採用が注目されるの?


採用の時には、求職者とこれからの配属先である現場と異なる場合もあります。
けれども、採用の段階で人事担当者と求職者のお互いが、会社にマッチしていると共感したとしても、入社後に配属先で思いもよらない相違が生じてしまう可能性も考えられます。

そんなとき注目されているのがこの「職場スカウト採用」なのです。
職場スカウト採用によって、企業と求職者との実際の差を埋める絶好の機会となるからです。

実際に一日体験することで、求職者側も自分に合った、合っていないを判定することができます。
企業側も、その求職者の現場にマッチしているのかを的確に判定できます。
こういった背景もあり「職場スカウト採用」を取り入れる企業が増えてきています。


職場スカウト採用のデメリットは?


いいことずくめで説明した職場スカウト採用ですが、デメリットもあります、
それは、実際に一日体験として求職者が現場にやってくるため、現場の社員の負担が増えるということです。

職場スカウト採用を実施するためには、当然ながら現場社員の協力が必要です。
ただ、自分の仕事を抱えている現場の社員にとって、就業中に求職者の面倒まで見るという負担がのしかかってきます。

それを踏まえての勤務であれば良いのですが、通常業務をしながら求職者の面倒を見る。
場合によっては自身の仕事の遅延に繋がったり、想定していなかったトラブルが発生する可能性もあります。
そのため、職場スカウト採用では人事担当以外の現場の協力が不可欠だと言えます。


スポンサードリンク

職場スカウト採用で就活がどう変わる?


今までは人事担当者と求職者は面談・面接の時しか企業の生の声を知ることができませんでした。
けれども「職場スカウト採用」によって現場の社員と会話、コミュニケーションをとることで、実際に就職したあとのマッチングの差異を測ることができます。

企業にとっても、採用前に求職者の能力を直接知ることのできる判断材料となります。
そのため、職場スカウト採用によって就職した社員は、自分の理想と現場との相違が比較的離れていないと考えられます。

それにより、離職率の低下にもつながるのではないでしょうか。
このように、今後は職場スカウト採用を利用することで、退社を見込んで大量採用する、といったブラック的な採用が減っていくのではないでしょうか。

いち早く現場に溶け込めるよう、職場スカウト採用を利用する企業はさらに増えていくと思われます。
企業と求職者の利害の一致。これが今後のポイントとなってきそうですね。

以上、「 職場スカウト採用とは?就活が変わる可能性も!?」でした。

スポンサードリンク

関連記事

ABOUT ME
tomo
tomo
GrowupLifeへようこそ、管理人のtomoです。 毎日色んなニュースが溢れていますよね。 今話題の旬なネタを始め、生活を「Grouup = 成長させる」ためのお役立ち情報などをお届けします。 是非、ご参考にしてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です