音楽

レコード大賞2019観覧募集の当選倍率と発表はいつ?当落結果も!


2019年も秋が過ぎて冬になるともうすぐ日本レコード大賞の放送が待っています。
多くの人気アーティストが集まるということで是非とも会場で観覧したい方が毎年かなり多くおられます。

ただ、人気の音楽祭なだけに観覧希望者もかなり多く、かなりの運がなければ当選できません。
そこで今回は日本レコード大賞の観覧募集の当選倍率と発表日などの情報をまとめていきます。
当落結果などファンの声もまとめていきますのでご参考ください。

かなりの応募でプレミア化ともいわれている日本レコード大賞の観覧募集。
今年はどれほどの激戦区になるのでしょうか?


Sponserd Links

日本レコード大賞の会場情報


まずは当選倍率を計算するにあたっての重要な会場情報をまとめていきます。

ここ数年における日本レコード大賞の会場は下記の通りになっています。


年 会場
2015年 新国立劇場・中劇場
2016年 新国立劇場・中劇場
2017年 新国立劇場・中劇場
2018年 新国立劇場・中劇場
2019年 –

このように日本レコード大賞は近年においては新国立劇場・中劇場にて開催されています。
(尚、さかのぼれば2004年からずっとこの会場となっています。)

ほぼほぼ、2019年も会場は新国立劇場・中劇場での開催となることでしょう。
そこで新国立劇場・中劇場の会場情報を見てみましょう。

新国立劇場・中劇場 会場情報

名前:新国立劇場・中劇場
住所:東京都渋谷区本町1丁目1−1
キャパ:プロセニアム形式 1038席、オープン形式 1010席


このような会場情報となっています。
形式によって若干、キャパは違いますね。
いずれにしても、約1000席ほどの会場となります。

このわずか約1000席を巡って、全国からの応募が殺到することになります。
これは当選倍率は高くなって当たり前ですよね。


日本レコード大賞2019の当選発表はいつ?


日本レコード大賞,当選発表
つぎに日本レコード大賞の観覧募集情報や当選発表日がいつなのかを、例年における傾向をまとめますね。
2019年もおそらく例年と同じような傾向になると思われます。

例年の観覧募集要項

申し込み開始日:12月上旬
締め切り日  :インターネットの場合は2月18、ハガキの場合は12月19日必着
当選発表日  :12月25日くらい
当落通知方法 :当選者のみ当選ハガキが届く
応募方法   :インターネット or ハガキ
申し込み枚数 :1〜3人


例年における観覧募集情報は上記のようになっています。

申し込み開始から締め切りまで、約1週間〜2週間弱の期間となりますね。
当選発表日は例年においては12月25日くらいになります。
当落通知方法が当選者へ当選ハガキですので、お住まいの地域のよっては家にハガキが届くのがちょっとだけ前後しそうですね。

そして大事なところが、1回の応募で1〜3人まで応募可能だということです。
つまりは、応募数×3人がエントリーの最大数になるという訳ですね。
ちなみに一人の方が当たりやすいかどうかは定かではありません。

以上より、日本レコード大賞の観覧希望の方は、申し込み開始日から締め切り日までの間に応募を忘れないようにしましょう。

また、当選発表日は12月25日くらいです。
この日になったらちょっとソワソワしてポストをチェックですね!


Sponserd Links

日本レコード大賞2019の当選倍率予想!


レコード大賞,当選倍率,予想,当落結果
それでは本題の日本レコード大賞2019の当選倍率予想をしていきたいと思います。
例年、かなりの当選倍率となってプレミアチケットとも言われている日本レコード大賞。

2019年はどれほどの当選倍率になるのでしょうか!?

当選倍率予想に当たっては、まずはエントリー数(応募数)がどれくらいなのかが重要です。

で、その気になる応募総数なのですが・・・


日本レコード大賞では応募数は非公開となっておりました・・・


このままでは当選倍率の予想ができません。
というわけで、別の音楽祭を参考にしてみるとしましょう。

正式に応募数を公表している音楽祭と言えば、『紅白歌合戦』です!
さすがNHKですね!
情報はきっちりと公表してくれています。

そこで2018年の紅白歌合戦の応募情報を見てみると、下記のようになっています。

応募数:1,085,171通
当選枚数:1,331枚


これを応募数ベースで計算すると、815倍になります。

今回、レコード大賞2019の当選倍率予想としては、当選枚数ベースではなく会場キャパ数で計算してみたいと思います。

2018年の紅白歌合戦が約100万通の応募数となっていました。
さすがに日本レコード大賞では、紅白と同等とまでは行かないと思いますので、6割掛けの約60万通の応募があると仮定して予想してみましょう。

約60万通の応募があると仮定して、会場キャパで割った際の当選倍率予想は下記になります!

応募数会場キャパ1人応募2人応募3人応募
600,0001,000600倍1,200倍1,800倍


応募全てが1枚応募の場合で600倍、応募全てが3枚応募とした場合で1800倍の当選倍率となりました!

やっぱり会場のキャパに比べて応募数が多いことから、当選倍率もかなりの数字になっています!
こんな激戦区の当選ハガキをゲットできる方はかなりの強運の持ち主でしょう。

会場キャパベースで予想してみた当選倍率予想は600倍〜1800倍となりました。
これはもう当たる気がしないのですが・・・
実際の応募数が仮の数字ですので、この倍率はあくまでも予想として参考いただけますよう了承ねがいます。


Sponserd Links

日本レコード大賞2019の当落結果も!


ここでは日本レコード大賞2019に関する出演アーティストに関する内容や、観覧募集における当落結果などについてのファンの声をまとめていきます。

好きなアーティストに関するファンの声などご参考下さい。





Sponserd Links

まとめ


GrowupLife まとめ

今回は日本レコード大賞2019の観覧募集情報や発表日、そして当選倍率や当落結果などをお届けしました。
さすが、日本における大きな音楽祭である日本レコード大賞なだけに、当選倍率もかなりのものとなっています。

ここまで当選倍率が高いのなら、もっと大きなキャパの会場で開催できないものかな・・・
と思ったりもしますが、こればっかりは個人の意見でどうすることもできません。

いずれにせよ、かなり高い当選倍率であったとしても応募しなければ確率はゼロです。
わずかな望みであったとしても、観覧希望の方は観覧募集申し込みが始まれば、忘れずに応募するようにしましょう!
当落結果の声が当選者の喜びの声であふれることをお祈りします。

以上、「レコード大賞2019観覧募集の当選倍率と発表はいつ?当落結果も!」でした!

こちらの記事も人気です!
レコード大賞2019観覧募集の当選倍率と発表はいつ?当落結果も!2019年も秋が過ぎて冬になるともうすぐ日本レコード大賞の放送が待っています。 多くの人気アーティストが集まるということで是非とも会場...
レコード大賞2019の観覧募集はいつ?応募方法と締め切り日も!冬の音楽番組と言えば日本レコード大賞ですよね! 私は紅白歌合戦と日本レコード大賞の両方を見るのが毎年の恒例になっています。 でも...
レコード大賞2019の出演者とタイムテーブル・曲順は?セトリも!今年も秋が過ぎ、12月になると多くの特別音楽番組が放送されます。 その中の一つが日本レコード大賞で、毎年多くの受賞アーティストが出演し...

秋から冬にかけてが一番、恋人ができるシーズンになります。

ハロウィン、クリスマス、年越し、バレンタイン・・・
数々のカップルイベントが立て続けに行われます。

「一緒にライブや紅葉観光に行きたい。 けど、素敵な相手と出会う機会がない。。。」

会社と家の往復で同じ生活の繰り返し・・・
いつか運命の人と巡り合える・・・

でも、『待ち』の姿勢では寂しい冬を過ごす可能性が大です!

そこで一番オススメなのが毎月7000組以上のカップルが誕生しているPairsです。
・累計会員数1000万人以上
・真剣にお付き合いするパートナーを探している方が多数
・コミュニティ機能で共通の趣味や興味でつながれる
・安心・安全のセキュリティも充実

▼▼▼この冬は真剣に恋人探ししてみませんか?▼▼▼

pairs3

女性は無料会員登録で利用できますので、お試ししてみて気に入らなければ辞めてもOK! 理想のお相手を探しやすいのも特徴です! この冬は素敵なお相手と熱々の日々を過ごしましょう♪

ABOUT ME
yumi
yumi
ドラマ・音楽・お笑いなどテレビ大好きです! エンタメ関係の情報をお届けしたいと思います。

関連記事

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です