Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
お役立ち

意味のある音・音楽・メロディ7選!音と行動心理とは

日常の生活において「音」に意味が込められているものがあるのをご存知でしょうか?
クラクションなどは危険を知らせるためであり、「キンコンカンコン」は学校で始業や終業を知らせていますよね。

このように、私たちの日常生活は音に満ちています。
今回はこの「音」に意味が込められているものをご紹介します。

すでに知っているものもあれば、初耳のものもあることでしょう。
普段の生活をする際に、知っていたらちょっと便利になりますので、是非ご参考ください。


音に意味を持たせるという意味は?


音。それは聴覚によって感じることのできる感覚です。

そして音・音楽においては人間の感情を上下させるものもあります。

静かな音や流れるようなメロディを聞くと心が落ち着いたりしますよね。
一方、騒音や雑音を聞くと嫌な気持ちになります。

また、音・音楽は人に対し、通知・警告を意味するものもあります。
笛の警笛や車のクラクションは危険・注意を促しますよね。

健常者はもちろん、視覚の悪い方にとっては音は非常に重要な役割を持っています。
このように音・音楽は日常の生活をしている私たちにとって、無くてはならない存在です。

日常においては「音・音楽・メロディ」に特別な意味を持たせて、
いち早く人に状況を伝える・認識させるために利用されています。

このように、音は人間に特定の行動をうながす、行動心理にうったえかける役割を持っているのです。


音に意味が込められたもの7選




ではさっそく、「音」に意味が込められているものをご紹介します。
ここでは「音」に限らず「音楽」においても意味が込められているものをまとめています。

それでは行ってみましょう。

意味のある音その1.蛍の光





これは誰しも知っていると思う曲ですね。
言うまでもなく「閉店」を意味します。

元はスコットランド民謡で、友との別れの際に再会を誓う歌です。

日本においても卒業式など別れの際などに用いられる曲ですね。


意味のある音その2.雨にぬれても





デパートなどで雨が降ってきたときに流れるBGMに使われています。

接客等で忙しくて外の様子を見ることができない店員さんが、雨が振ってきたことをクルーに知らせる際によく使われています。
尚、この曲が流れると傘用のビニールの準備などをし始めます。


意味のある音その3.横断歩道の音





横断歩道を渡る際に「ピヨピヨ」や「カッコー」の音が流れるのを聴いたことがありませんか?
こちらは音響装置付き信号機と言って、目の悪い方でも音で認識できるようにした信号機となっています。

ちなみに「ピヨピヨ」が南北、または東西、もしくは従道路横断用を表しており、
「カッコー」が東西、または南北、もしくは主道路横断用を表しています。

何気なく渡っている横断歩道でも、このように意味のある音が流れているということですね。


意味のある音その4.電車の発車メロディ





電車に乗っている際に、何気なく流れる発車メロディ。
こちらも駅ごとに違うメロディを流しており、どの駅なのかを知らせる役割にもなっています。

メロディに関しましては、その駅のゆかりのある人物に関係のある曲が流れたりしますね。
発車メロディが着メロになったりもしていて、電車ファンの間では人気となっています。


意味のある音その5.ビープ音





パソコンを触っているときに不意になる「プー!」という音。
これをビープ音と言います。
ビープ音は主に電子機器が通知のために発する音です。

ビープ音は「プー!」や「プープー!」のように音の長さや回数によって、意味が決められていて、
説明書にも音の長さや回数による通知の意味が記載されています。

これによって、ビープ音が鳴った際はどのような状況になっているのかがわかるのですね。


意味のある音その6.地震の警告音



※再生注意!

テレビを見ている時などに流れる地震速報。
その際、警告音が流れると同時にテロップに地震の内容が表示されますよね。

実はこの地震の警告音は震度によって音が変わるんです。

僕自身はテレビを見ている際の最大の地震警告音としては、
2016年の熊本地震でした。
あれは秘密のケンミンショーを見ている最中のことだったのを覚えています。

尚、震度が大きくなるごとに警告音がおびただしい音になりますので、
心臓の弱い方などにはあまり聞かせたくない音ですね。


意味のある音その7.モールス信号(モールス符号)





モールス信号は、電信で用いられている可変長符号化された文字コードです。
このモールス符号を使った信号をモールス信号と呼びます。

「トン」という短点(・)と、「ツー」という長点(-)の組み合わせにより数字・アルファベット・記号を表します。
無線通信士にとっては身に付けないといけない大事な知識となります。

音で文字そのものを表すという、もはや究極の形態と言えるでしょう。


このように音・音楽・メロディが特別な意味を表すものは日常にたくさんあります。
他にも紹介したい音がありましたら追記していきますね。


スポンサードリンク

意味のある音・音楽・メロディまとめ


GrowupLife まとめ

今回は意味のある意味のある音・音楽・メロディをまとめました。
普段、何気なく聞いている音でも実は意味があるんだとお分かりいただけましたでしょうか。

お店で蛍の光が流れたら早く買い物を終わらせて店内を出る必要がありますし、
デパートで「雨にぬれても」が流れたら洗濯物の心配をするといったこともできます。

このように音・音楽の意味を知っているとちょっと便利に考えることができますね。
今回ご紹介しました音以外でも、日常には音で満ちあふれています。
一度、街の中に流れる音に耳を澄ませてみるのもいいかもしれませんね。

まだまだ意味のある音はたくさんあると思います。
今回紹介しました音以外でも、あなたの知っている「意味のある音」がありましたら是非教えてください。
記事を追記していきたいと思います。


最後までご覧いただきありがとうございました!
今回の記事の内容はご参考になりましたでしょうか。
今後とも色んな内容をご紹介していきますので宜しくおねがいします!

以上、「意味のある音・音楽・メロディ7選!音と行動心理とは」でした。


スポンサードリンク

関連記事

ABOUT ME
tomo
tomo
GrowupLifeへようこそ、管理人のtomoです。 毎日色んなニュースが溢れていますよね。 今話題の旬なネタを始め、生活を「Grouup = 成長させる」ためのお役立ち情報などをお届けします。 是非、ご参考にしてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です