Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
梅雨

【近畿】2019年梅雨入り・梅雨明け予想!過去60年のデータ推測

2019年もゴールデンウィークが過ぎ、まもなく梅雨の季節がやってきます。
そこで今回は近畿地方の2019年梅雨入り予想と梅雨明けはいつなのか、
過去60年の気象庁のデータと合わせてお届けします。

6月から7月にかけては折角の休日なのに雨で憂鬱になりがちですよね。
髪の毛は広がるし電車は満員だしで正直、梅雨はちょっとニガテです。

そんな雨の日が続く近畿地方の梅雨入り・梅雨明けはいつからいつまでなのか。
外出予定や旅行の計画をお考えの方はご参考ください。


2019年版・近畿地方の梅雨入り・梅雨明け過去データ!


梅雨入り・梅雨明けがいつからいつまでなのかを予想するには過去のデータが大事ですよね。
そこでまず、近畿地方の過去60年間における梅雨入り・梅雨明けがの気象庁発表データをまとめていきます。

過去60年もありますのでちょっと長いですがご参考にどうぞ!



西暦梅雨入り梅雨明け
1951年6月7日ごろ7月20日ごろ
1952年6月14日ごろ7月15日ごろ
1953年5月28日ごろ7月24日ごろ
1954年5月30日ごろ7月21日ごろ
1955年6月15日ごろ7月9日ごろ
1956年5月22日ごろ7月12日ごろ
1957年6月17日ごろ7月29日ごろ
1958年6月25日ごろ7月12日ごろ
1959年6月5日ごろ7月20日ごろ
1960年6月10日ごろ7月11日ごろ
1961年6月9日ごろ7月13日ごろ
1962年6月2日ごろ7月20日ごろ
1963年7月13日ごろ
1964年6月13日ごろ7月22日ごろ
1965年6月12日ごろ7月25日ごろ
1966年5月29日ごろ7月13日ごろ
1967年6月21日ごろ7月13日ごろ
1968年6月13日ごろ7月17日ごろ
1969年6月17日ごろ7月15日ごろ
1970年6月10日ごろ7月18日ごろ
1971年6月3日ごろ7月28日ごろ
1972年6月3日ごろ7月18日ごろ
1973年6月5日ごろ7月4日ごろ
1974年6月11日ごろ7月20日ごろ
1975年6月5日ごろ7月15日ごろ
1976年6月5日ごろ7月20日ごろ
1977年6月7日ごろ7月20日ごろ
1978年6月11日ごろ7月3日ごろ
1979年6月7日ごろ7月22日ごろ
1980年5月29日ごろ7月20日ごろ
1981年6月11日ごろ7月16日ごろ
1982年6月13日ごろ7月27日ごろ
1983年6月12日ごろ7月25日ごろ
1984年6月8日ごろ7月17日ごろ
1985年6月7日ごろ7月15日ごろ
1986年6月16日ごろ7月27日ごろ
1987年6月8日ごろ7月24日ごろ
1988年6月8日ごろ7月31日ごろ
1989年6月8日ごろ7月19日ごろ
1990年5月31日ごろ7月18日ごろ
1991年5月26日ごろ7月21日ごろ
1992年6月7日ごろ7月21日ごろ
1993年5月30日ごろ
1994年6月8日ごろ7月10日ごろ
1995年6月3日ごろ7月23日ごろ
1996年6月7日ごろ7月11日ごろ
1997年6月2日ごろ7月18日ごろ
1998年6月2日ごろ7月31日ごろ
1999年6月3日ごろ7月22日ごろ
2000年6月9日ごろ7月18日ごろ
2001年6月5日ごろ7月19日ごろ
2002年6月11日ごろ7月20日ごろ
2003年6月10日ごろ8月1日ごろ
2004年6月6日ごろ7月13日ごろ
2005年6月11日ごろ7月18日ごろ
2006年6月8日ごろ7月27日ごろ
2007年6月14日ごろ7月24日ごろ
2008年5月28日ごろ7月12日ごろ
2009年6月3日ごろ8月3日ごろ
2010年6月13日ごろ7月17日ごろ
2011年5月22日ごろ7月8日ごろ
2012年6月8日ごろ7月16日ごろ
2013年5月27日ごろ7月8日ごろ
2014年6月3日ごろ7月20日ごろ
2015年6月3日ごろ7月24日ごろ
2016年6月4日ごろ7月18日ごろ
2017年6月20日ごろ7月13日ごろ
2018年6月5日ごろ7月9日ごろ
2019年

ザっと過去60年以上の近畿地方の梅雨入り・梅雨明けのデータをまとめました。
これだけ長い期間をかけてデータをまとめていると、それだけ精度の高い予想を立てられると思います。

そして、そんな過去の傾向から出される平年の梅雨の傾向は・・・


2019年度・近畿地方の梅雨入り・梅雨明け予想!



60年以上もの梅雨入り・梅雨明けのデータを元に、気象庁は平年における予想を立てています。

暖冬だったり、異常気象などでズレる可能性がありますが、
過去の傾向を踏まえての予想は下記となります。

2019年度の梅雨予想

梅雨入り:6月7日
梅雨明け:7月21日



いかがでしょうか。
気候によっては多少の前後するかもしれませんが、
大まかな予想としてご参考にしてください。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンや京都観光などをお考えの方は、
折り畳み傘をカバンに忍ばせておくなど、急な雨の対策もしておきましょう。


雨による急な冷え込みの可能性もありますので、
軽く羽織れる服も備えておけば安心ですね。


気象庁の公式ツイッターも!


気象庁は公式ツイッターを開設しています。

気象情報など最新の情報を定期定期つぶやいていますのでご参考にしてください。



スポンサードリンク

まとめ


GrowupLife まとめ
今回は2019年度の近畿地方の梅雨入り・梅雨明け予想と過去60年間のデータをお届けしました。

梅雨入り・梅雨明けって毎年予想されますが、ピッタリ当たるときもあれば大きく外れることもあります。
あくまでも予想は予想ですので、雨の降りやすい期間として大まかに考えておけばいいかと思います。

近畿地方でも屋内で遊べる場所もありますので、
あえて梅雨の季節はこういった屋内施設に行くのも良いかもしれませんね。


私もコレを使いだしたおかげで雨の日でも髪の毛のごわつきが収まるようになって雨が嫌いじゃなくなりました♪
やっぱりチャップアップは評判も良いのでオススメですよ!
▼▼▼ こちらをクリックすれば髪の毛に良い秘密がわかります♪ ▼▼▼
チャップアップヘアオイル乾燥系

女性などはお気に入りのレインコートやレインブーツがあれば、
梅雨の季節をちょっと好きになるかもしれませんよ♪

以上、「【近畿】2019年梅雨入り・梅雨明け予想!過去60年のデータ推測」でした。

スポンサードリンク

関連記事

ABOUT ME
tomo
tomo
GrowupLifeへようこそ、管理人のtomoです。 毎日色んなニュースが溢れていますよね。 今話題の旬なネタを始め、生活を「Grouup = 成長させる」ためのお役立ち情報などをお届けします。 是非、ご参考にしてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です